HOME > 施工例 > 新築住宅 > 光と風を取込んだパッシブデザインの家 

光と風を取込んだパッシブデザインの家
(長期優良住宅・太陽熱温水器)
T様邸(藤枝市大洲)


夏涼しく、冬暖かい快適な家を実現するために「自然エネルギー」を利用するパッシブデザインを取り入れました。この地域の卓越風データからもっとも風通りが良くなるように窓を設置しました。
また、夏は日差しを遮るように、冬は日差しを入れるように軒の長さと下屋の長さをシュミレーションにより算出しています。構造面は材木屋ならではの太鼓梁、大貫工法でしっかりとした骨組みになっています。
パッシブデザイン(温熱環境・省エネ)× 木の家(材木屋・伝統)の快適ハウスが完成しました。

パッシブ×材木屋 安心・快適の家
 
第一子の誕生を機に家を新築しようと計画しました。主人の実家で18年前に新築工事をやってもらい、その後も住宅に関することは、信頼してお願いしているとの事でした。私たちも木をたくさん使った家を作りたかったので、昔から木材にこだわり、適材適所に木を使ってくれるヤマタケさんにお願いすることにしました。
2Fホールの太い杉の梁、リビング天井の杉板、たくさんの本を収納できる本棚や机など、木の香りいっぱいの家になりました。またパッシブデザインを取り入れて、温熱環境や省エネにも配慮してくれているので、子育てしていく上でも安心です。