HOME > 施工例 > 新築住宅 > 平屋の終の棲家 

平屋の終の棲家
O様邸(焼津市道原)


無垢の木をふんだんに使い、時を経るにつれ木の味わいが深まります。広い納戸、物干し場、食品庫という使い勝手を配慮した間取りとなっています。
造作家具や建具、居間は杉の市松貼り天井など、こだわりがつまった平屋住宅が完成しました。

夫婦二人でゆったり暮らせる家」
 
去年の夏、焼津市小川での完成見学会のお宅がとても気に入って、ヤマタケさんへお願いすることになりました。私達の希望を伝え、わが家に合うように提案してくれたので、大変満足しています。
気に入っている所は、窓が大きいので南の部屋はもちろん家全体が明るい所です。
畳が好きなので、居間や寝室にも板の間に畳をうまく組み合わせてもらいました。木の床は感触が気持ちよくて、冷えないのでスリッパを履かなくても快適です。無垢で造ってもらった納戸もとても気に入っています。