HOME > 施工例 > 新築住宅 > 街中にある二階リビングの家 

街中にある二階リビング
S様邸(焼津市本町)


日当たりがいい二階にリビングを持っていく事で、明るい風通しのいい空間になりました。リビングの天井は梁を見せるようにしてあります。小上りをつくることでくつろぎのスペースも出来ました。

「エアコンを消し忘れたのかと思いました
 
 
そろそろ二人目が欲しいね。と主人と話しながら将来を考えて、まず「家が欲しい!」と思いました。
消費税が上がる前、子供が幼稚園に入園するタイミングを考えて住宅展示場を見に行きました。
あくまでも相談のつもりが、最初に言われた金額からどんどん上がっていき契約寸前のような話になってしまい強引なやり方に不信感を持ち、主人 の友人でもあった陽平君(ヤマタケ長男)に連絡しました。
ちょうど、完成したばかりの家(パッシブZEHの家)を見せてもらい、まず感じたのが自分と好みがあっていいなぁということでした。そこで、見積りを頼んだところ、こちらの予算にあわせるように色々考えてくれたうえ、補助金の事も教えてもらいました。この補助金のおかげでその分グレードアップしたキッチンにすることが出来て本当に感謝しています。
間取りの方も、ひとつだけ「リビングの横に小上りの畳コーナーがほしい。」という希望だけはお伝えして、あとはおまかせしました。すると、住宅密集地の日当たりの良くない土地に合わせて1階に寝室、2階にリビング、リビングの横にはウッドデッキ、脱衣室からそのままウッドデッキに出て洗濯物が干せる。家事動線まで考慮した間取りに、男性なのによくわかってるな・・・とびっくりしました。寝室の間接照明も雰囲気が良く、夜も真っ暗にならず気に入ってます。
住み始めて2か月経ちますが、酷暑にもかかわらず、外から帰ってくると「あっエアコン消し忘れた!」と感じるほど家の中が涼しいことに驚きます。断熱効果の話は聞いていましたがこんなに違うんだと思うと、シュミレーションで出た、冬場無暖房でも12度というのがとても楽しみになっています。